1人暮らしと実家でのシャンプー

たまにの帰省で実家に帰ると、最近リフォームしたばかりの親父自慢の風呂に入ります。親父もお袋もリフォームされてキレイになった風呂で満足気です。
しかし、自分が快適な風呂で唯一困ることがあるのです。それは、自分が使っているシャンプーと親父・お袋が使っているシャンプーが違うのです。
やはり育毛シャンプーだと実感します。家族が3人しかいなくとも3人ともシャンプーの種類が異なるのです。
昔は自分のシャンプーも置いていた風呂ですが、大学生になった今となっては自分が使っていたシャンプーなどは置いてくれなくなってしまったのですね。
少し悲しくなりました。
なんせ自分がいつも使っていないシャンプーだと乾かしたときの髪のツヤやさわり心地が大きく違ってくるからです。そんな小さなことと思う人もいるかもしれませんが自分の中では一大事です。
また、このことは出先で銭湯にいった時にも言えることですね。遅くなりましたが、今年の目標は違うシャンプーでも気にしないということにします。